Darkness revenger -這い上がる黒き男 見下す白き女- 感想

オススメ度:★★★★☆ (五段階評価)

ジャンル:RPG、陵辱系

ひとこと:やりごたえのあるダークファンタジー

 

【感想】

RPGツクール仕様の低価格同人エロゲー


プレイ時間は1周7時間ほど。


ストーリーは魔物の長である主人公の復讐物語


この世界での魔物は異形の存在というだけで、


一般的な悪のイメージのそれとは異なります。


むしろ魔物を虐げている人間の方が悪として描かれていますので、


アンチヒーローではない点にはご注意ください。

 

システムについてですが、難易度はわりと高め


上手く戦闘が運ばないと頻繁にHPを回復しなければならなくなります。

 

しかし自由度は高いので比較的自分のプレイスタイルにあった行動ができ、

 

ゲーム性での不快さはあまり無かったです。


一応戦闘ではオートモードがあります。

 

 

Hシーンに関して。女性はフルボイスでシーン数は40ほど。

 

主人公は人間に対しては容赦なく基本的にHシーンは陵辱です。

 

輪姦などは少なめですが独占要素などはほぼ無し。


また、敵のヒロインは犯した後に操って辱めるかその場で殺すかという


だいたい二択なので心優しい方には辛いものがあるかもしれません。

 

総評としては、なかなかの良作。

 

管理人は20パーセントオフで買ったのですが、

 

仮に定価で買っていたとしても満足できたと思います。

 

暇つぶしにはもってこいなので、気になった方は是非。

 

作品の詳細が気になった方はこちら