『未来日記』 最終巻考察

 

だいぶ今更ではありますが『未来日記』の最終巻を読む機会があったのと、世間での評価が納得いかないので自分なりの考察を書いてみます。

 

以下ネタバレ注意

 

ゲームの結果
1週目
由乃が神になる

2週目
雪輝が神になる

3週目
3周目の由乃が1周目の由乃の記憶を与えられ、雪輝の時空に乗り込んでいき最後に二人で星を見る。


1周目について
本編では描かれていないので詳しい事は分かりませんがこの時点ではユノはユキテルを「ユッキー」ではなく「天野君」と呼んでいたようで、深い関係ではなかった模様。
つまりはこの時点では由乃の片思い


2週目について
未来日記の本編。ここからが肝心なところで、由乃が両親を殺害していますがこれは「両親を殺した」=「良心を殺した」とかかっています
また、雪輝の両親も片親だけ死んでおりこれはつまり「両親が半分死んだ」=「良心が半分死んだ」となります。
そしてさらに重要なのは、1周目の由乃は2週目の由乃を、つまり自分自身を殺していますがこれは「自分を殺した」=「自分を押し殺した」という暗示に他なりません。
上に見た通り、「未来日記」とはかの「好き好き大好き!」のテーマに近い、「由乃と雪輝の恋愛物語」と言えます(1周目由乃と2週目雪輝)。
そして最終巻において由乃は雪輝を殺さずに自分を殺します。
これは1周目の自分が2週目の自分を殺したのとは意味が異なり、相手のために死ぬという愛の形です。
また雪輝も自分を刺せと言った事から同じ結末を迎える覚悟がありました。
これにより雪輝が神になりますが、この時点で由乃と雪輝の両方が一度は神になった事になります。
これによりもはや二人とも神の手におえる存在ではなくなりハッピーエンドの条件が整います。
つまり要約するなら、「片思いは論外。良心を殺し、自分の意見を押し殺しても恋愛成就は叶わない。叶うのならそれは相手を互いに想い合うことが必要」だというのが作者の主張のようです。
ちなみに最終巻の「私は刺さない。そういう未来だもの」(178ページ)という台詞は1巻56ページの「あなたは刺さない。そういう未来だもの」と対比しているようです。
これは前者では未来を固定のものと捉えているのに対し、後者では未来は人の意思によって変わるものだと捉えています。


未来日記の世界
この「未来日記」という作品において一番のポイントは、恋愛を描いているのにも関わらず最終的に生き残るのはただ一人という点にあります。
作中由乃が「おかしいのは、ゆっきーと私が結ばれないこの世界のほうよッ!!!」という台詞を残していますが、これが一番的を射た「未来日記」の世界観でしょう。


未来日記のテーマ
「未来日記」のキャラクターの名前はオリュンポスの十二神の名前を元にしています(神を人間として描いていると捉えた方が妥当か)。
また、”未来は変えられる”という根源的設定、全能でない神、そして恋愛を描きながらもただ一人しか生き残れない歪んだゲーム性に対する結末から人間賛歌の意を含めている可能性大。


由乃の「依存できれば誰でも良かった」は本音なのか
「依存できれば誰でも良かった」という台詞を作中由乃は残していますがこれは本当とも言えるし嘘とも言えます。

これは聡明な由乃の中での明確な恋愛観。
これは相手に対しても同様であり、「あなただって、守ってくれる人間なら、誰でも良かったはずよ」と雪輝に自分ではない少女が隣にいる世界を与えました。

しかし実際は9thの「失恋でもしたみたいじゃねぇか」というような台詞に表されるようにこれは本音とは言い難いもの。

ここで由乃は9thになぜ雪輝の味方をするのかと問います。

それに対し9thは鳥はなぜ飛ぶのか自分で考えてると思うかと返します。
さらに「素直に人を愛せないお前が哀れだ」とも。

これから分る通り、「依存できれば誰でも良かった」とは由乃の考えであることが分ります。

そして後に由乃は自分の心に素直になる発言をします。

 
雪輝の気持ち
「あなただって、守ってくれる人間なら、誰でも良かったはずよ」と由乃に断じられた雪輝ですが、それを否定します。
彼は夢の世界を拒絶し、由乃を救いに現れます。
また、神になった後も他の女を創造しないのかとそそのかすムルムルに対しすぐさま由乃でなければ意味がないと拒否します。


星を見ることの意味
物語の終着点は”星を見ること”です。
これは何なのかというと恐らくですが元は雪輝が家族全員で約束していたもので、由乃と一緒に星を見ることは由乃と家族になった(由乃と結ばれた)というハッピーエンドの暗示か。

 

 

総評

本当に素晴らしい漫画だと思います。漫画でありながら伏線、対比、暗示さらにはパラレルワールドを駆使しエロゲーという媒体に似せた分岐により物語に幅を持たせる手法、脱帽しました。

そのうち考察ページへ綺麗に書き直して掲載したいと思います。

一生ものの作品でした。